長野県上田市で自然素材・無垢材を使った新築・注文住宅 | 株式会社ハピアデザイン

0268-71-6231
受付時間:9時~18時(定休日:祝祭日)

ブログ

BLOG

家

2021年8月13日

設計事務所は 高い?安い? どういう条件なら設計事務所に頼むのがお得?

設計事務所とは

建築士が所属する法人の俗称。正式名称は「建築士事務所」(事務所によっては「建築設計事務所」と呼ばれる)。一人がメインとなる個人事務所と、複数で運営する事務所がありますが、建築士は「建築士事務所」に所属していないと業務に携われないことが、「建築士法」(第23条)により決まっています。

また建築設計には「意匠設計」「構造設計」「設備設計」の3つがあり、さらに建築設計事務所は大きく分けると
「組織系設計事務所」と「アトリエ系設計事務所」の2種類があります。

設計事務所は完全フルオーダー住宅だから高くて当然。

こんにちは!軽井沢と上田市を中心に
天然木の家づくりをしているハピアデザイン
坂口賢一です。

家づくりを考えた時、
どこと契約したらいいのか、悩みます。

ハウスメーカーもあるし、
建築会社も星の数ほど。
設計事務所も加われば、
選択肢が多過ぎて、選べないのは当然です。

でも、それぞれに特徴があり、
自分の理想とする家と照らし合わせれば、
選択肢が、ぐっと狭まるんです。

そのためには、
それぞれの特徴を知り、
理解することが一番の近道。

まずは設計事務所について、
理解を深めていきましょう。

注文住宅

ネットでも議論されている設計事務所が高い?問題があります。

高い、安いは、
一概には言い難い部分がありますが、

設計事務所は、完全フルオーダー住宅。

オーダー品は高いは、
日本人の共通認識、ですよね。

とくに大量生産品と比較すれば、
安価とは言えません。

設計事務所は一点ものの、
完全フルオーダー住宅を得意としているということを、
認識しましょう。

つまりは、高い。

それが適正価格かどうかは、
個人の価値観に委ねますが、
いわゆる薄利多売の大量生産品ではないことは
理解しましょう。

設計事務所とは、
どんなリクエストでも、
叶えてくれるプロ集団です。

1点ものの家が、大量生産品より安いことはあり得ません。

設計事務所との打合せは時間がかかる、だから高い。

設計事務所は、
建て主の希望を、
なんでも叶えてくれるプロ集団。

だから設計事務所に依頼される方は、
家に対する希望が多く、

当然、一般とは違うご要望も…。

そういう家づくりは、
ヒアリングに時間がかかります。

ヒアリングが終了し、
建築費用の総額を提示するまでにも、
たくさんの見積もりが必要になるため、
さらに時間がかかります。

時間がかかる → 人が動く → 高い

工事がスタートしても、
時間がかかります。

1点もののオーダー品をつくるには、
工事する側も初めてのことばかり。

仕事に慣れ、は厳禁ですが、

過去に経験のない作業は、
細かい確認作業が必要となり、
工事期間も長くなるんです。

私たちはワンクリックの買い物に慣れていますが、

完全フルオーダー住宅は、
それと同じ感覚で依頼してはいけない、
ということです。

完全フルオーダー住宅以外の注文住宅って、どういうもの?

注文住宅には、セミオーダー住宅もあります。

セミオーダー住宅とは、
基本部分は固定で、
他の部分は自由に変更ができる注文住宅です。


希望を全て叶えられませんが、
ある程度の希望内容は実現できますし、

ハウスメーカーがセミオーダー住宅ということもあり、
日本の注文住宅のほとんどが
セミオーダー住宅で、

注文住宅=セミオーダー住宅になります。

セミオーダー住宅の、
固定部分は各社で異なるため、

変更できる部分に加えて、
どういう風に自由に変更できるのかを、
チェックすることが重要です。

完全フルオーダー住宅である設計事務所は、
理想を実現するためには?
というスタンスで考えてくれることと違い、

セミオーダー住宅は、
変更できることに限界があります。

その限界が、
理想の邪魔をしないのであれば、
大満足な家が出来上がります。

完全フルオーダー住宅と比較した時の
セミオーダー住宅のメリットは4つ。

  • 価格が押えられる
  • 総建築費の目安が把握しやすい
  • 打合せ時間が短い
  • 工事期間が短い

変更できない基本部分が、
自分の理想を邪魔せず、
変更内容が希望通りであれば、

セミオーダー住宅で十分かもしれません。

セミオーダー住宅では建てられない土地なら、設計事務所の出番です。

セミオーダー住宅の大半は、
構造に関わる部分が変更できないため、
特殊な土地には対応できないケースが多いです。

特殊な土地とは、こんなイメージです。

  • 土地が小さい(狭小住宅)
  • 土地が細長い
  • 傾斜地

特に小さかったり、細長い土地は、
構造部分に制約のあるセミオーダー住宅は難しい。

こうなったら設計事務所の本領発揮。

  • 狭い土地で効率よい間取り
  • 細長い土地にオシャレな家


小さな土地に、
玄関以外には、
扉や間仕切りのない、
3階建ての家に住む知人がいますが、

そういうアイデアを提供してくれたのも、
設計事務所です。

建築条件が難しいほど、
頑張ってくれるプロ集団が設計事務所。

完全フルオーダー住宅だから、
叶えられる理想の我が家になること、
間違いありません。

設計事務所に頼みたいのなら土地購入の費用を抑える工夫もあり。

お手頃価格の土地は、
特殊な計上でなくとも、

日当たりが悪いなどの理由で、

近隣よりも価格が抑えられていることがあります。
日照条件を考慮した家づくりも、
セミオーダーよりも、
完全フルオーダー住宅の方が有利。

家づくりは総額で考えます。

土地取得費と、建築設計費、その他諸費用が
おおまかな必要な金額ですから、
土地代を抑えることで、
建築設計費用を潤沢に用意することも可能ということになります。

家づくりで予算がない方は、
いらっしゃいません。

どこに、どれだけの費用をかけられるかという
予算配分が
とても重要なのです。

計算機 設計図

そして予算配分を、
どの時点で明確にしておくのかも、ポイントです。

土地取得時点では、
予算配分についてザックリとしか
考えていないケースが多く、

もっと安い土地を購入していれば、

完全フルオーダー住宅が建てられたのに!
というケースは少なくないのです。

不動産業者は、土地売買のプロ。
建築について、
アドバイスはしてくれますが、

そのアドバイスは一般論のことが多く、
個々のケースでの正解とは限りません。

土地購入が、
注文住宅を建てることならば、
土地の取得は1つの通過点であり、
ゴールではないのです。

ゴールを見据えた土地の購入をして欲しい。

ゴールを見据えた注文住宅のために必要なこと、資金計画。

ゴールを見据えた注文住宅のためには予算配分が重要ですが、
この予算配分ことを、
資金計画と呼んでいます。

注文住宅と建てようと思った時、
土地の取得を考えますが、

不動産会社は資金計画は不得手です。

そのため目指すゴールを
途中で変更せざるを得なくなるケースも多い。

資金計画は、土地取得の前に、
家づくりのプロにしてもらうことがベスト。

理想の家についてヒアリングし、
その理想の家の建築設計費用がいくらなのか、
税金などの諸経費がいくらかかるのか。

そこから逆算して、
残った費用の中で手に入る土地を探せれば、

目指すゴールを変更する必要がなくなります。

資金計画は、設計事務所ができるのか?

目指すゴールのために必要な手順の1つが資金計画で、
土地取得の前に、
不動産会社ではなく、
建築設計のプロにお願いすることがベストとお伝えしました。

建築設計のプロとは、

  • 設計事務所
  • ハウスメーカー
  • 建築会社

が思い浮かびますが、
設計事務所で資金計画を
できるところは多くありません。

ハウスメーカーは、
自社で建てられる収入のある方でないと、
営業をかけないので、
まず最初に懐具合の確認から入ります。

ただし土地購入前の方に対しては
ザックリとした提示が多い。

土地購入前の方にも、
親切丁寧に資金計画をしてくれるのは、

建築会社、
その中でも地域密着と呼ばれる建築会社です。
地域密着工務店とも呼ばれます。

地域密着建築会社は、
セミオーダー住宅だけでなく、

完全フルオーダー住宅を得意とする会社があります。

当社は完全フルオーダー住宅を建てる、
地域密着工務です。

一番最初の打合せで、
資金計画をさせていただいています。

もちろん土地購入前でもさせていただいていますので、
予算配分が明確になり、
理想の家を逃すことがありません。

とはいえ資金計画は、
ネット上で、できる仕組みも増えてきましたから、

資金計画から家づくりをスタートしない
設計事務所や不動産屋に相談したとしても、
情報収集ができていれば、

目指すゴールに到達することはできます。

大事なことは、
設計事務所の特徴を理解し、

得意不得意を見極め、
依頼すること。
そのためは目指すゴールを、
ある程度見極めておくことも大事になります。

高気密高断熱に加えて、
自然素材での注文住宅を希望されている方は、
ハピアデザインにお問い合わせください。
土地探しがこれからの方も歓迎します。

まずは資金計画から始めましょう。
オンライン相談もご用意しています。
お申込みはイベントページからが便利です。

資料請求がまだでしたら、
こちらから資料をご請求くださいね。

カテゴリー
More
タグ
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者